一般社団法人スポーツボランティア協会について

わたしたち一人ひとりが、
スポーツ文化を創る人。

一般社団法人スポーツボランティア協会は、スポーツの楽しさと喜びを分かち合える「スポーツボランティア」の活動を広め、誰もが幸せになれるスポーツのあり方を提案していく目的で設立されました。

スポーツボランティア協会のサービス

SVスポーツボランティア認定プログラム

スポーツボランティアの登録

講師の育成・認定

各種講座の開催

講師の派遣

運営に関するコンサルティング

代表理事挨拶

ラグビーワールドカップを皮切りに、東京オリンピック・パラリンピック、関西ワールドマスターズ大会と国際的なイベントが相次いで日本で開催されます。国内だけでなく世界からスポーツファンが集まり、日本が熱狂の渦の中心となるなか、日本ならではの素晴らしい大会を運営するために、スポーツボランティアの存在は欠かせないと考えています。

スポーツボランティア協会では、その意義や役割、必要な知識、経験などを可視化する資格を設けることで、スポーツボランティアの質と量が向上し、より多くの方々が共通認識を持ってスポーツを支える環境が実現することを目指します。

最高の準備をした素晴らしいボランティアチームで国際的な大会を支え、世界の人々に勇気や笑顔を届けること。また、スポーツボランティアの現場で得たリーダーシップを、社会や人生においても還元していくことで、さらに社会が豊かになることを願っています。

一般社団法人スポーツボランティア協会 代表理事
廣瀬 俊明(ヒロセ トシアキ)

1981年、10月17日、大阪府生まれ。
5歳の時にラグビーを始め、北野高校を経て慶應大学に進学。
99年度、ラグビーU19日本代表に、高校日本代表に選出される。
2004年東芝に入社、2年目からレギュラーとして活躍。
2007年主将就任(07—11年度)。
2007年ラグビー日本代表入り。2012−2013年は主将をつとめる。
2015年ワールドカップイングランド大会のメンバーに選出される。
現在は、(株)東芝に勤務しながら、ラグビー普及活動、社会貢献活動に取り組む。
NPO法人Doooooooo理事、
日本ラグビーフットボール選手会代表理事

スポーツボランティア・アンバサダー

スポーツボランティア・アンバサダーとは、スポーツボランティア協会が目指す「楽しむスポーツボランティア」にご賛同いただき、
その活動を社会に広めるため、情報発信やイベントへの参加、スポーツボランティアに関する講座の講師などの活動を通してお手伝いいただくパートナーです。

宮地 藤雄

(トレイルランナー)

FUJIO PROJECT 代表
Jr. TRAIL RUN 主宰

堀池 薫子

(チアリーダー)

元NFLデンバーブロンコス
チアリーダー
全米日米チアリーダー協会 親善大使 兼 チーフエグゼクティブディレクター

櫛田 亮介

三重バイオレットアイリス監督
日本ハンドボール協会上級コーチ

SVスポーツボランティア認定プログラムとは

スポーツボランティアへの
「想い」と「スキル」を共有。

スポーツの楽しさと喜びを分かち合う、スポーツボランティア。この世界に一歩踏み出すときのひとつの目安となるのが、SVスポーツボランティアという認定プログラムです。スポーツボランティアの現場で役立つ知識や情報、考え方を共有する目的で組み立てられています。たくさんのスポーツの場に多くの人が参加し、スポーツボランティアの意義が広く深く伝わっていくように。当プログラムはスポーツボランティアの共通言語となります。

認定プログラムの種類

SVスポーツボランティアBASIC

スポーツボランティアに興味を持ち、理解を深めることを目的としたビギナー向けの認定プログラム

SVスポーツボランティアADVANCED

スポーツボランティアを取りまとめるリーダーや、主催者とスポーツボランティアをつなぐ調整役であるコーディネーターの育成を目的にした認定プログラム

SVスポーツボランティアPROFESSIONAL

競技や救護、障害者対応、外国語など、スポーツボランティアの活動を深めるのに役立つ、より専門的な知識を身につけるための特別講座に基づいた認定プログラム

お申し込み方法

SVスポーツボランティア®認定プログラムは下記の方法でお申し込みいただけます。

個人でお申し込みの方

2017年秋以降に開始予定。
詳細は本サイトで追ってお知らせいたします。

団体でお申し込みの方

30名様以上でお申し込みの場合、団体試験としてご指定の会場にて受験いただくことができます。

お問い合わせ・お申し込み

ニュース